【自転車の資格・検定】
自転車に係わる資格の一覧です。自転車の販売に欠かせない「自転車技士」や、スポーツバイクなどを取り扱いレベルの高い「スポーツバイクメカニック養成講座修了検定」などあります。主に自転車従事者が対象となります。

資格・検定実施団体概要受験資格
自転車技士(一財)日本車両検査協会自転車技士は、自転車製造の最終工程で、通常小売店等が行う組立、検査及び整備に係る技術を審査し、その合格者に付与されます。
・18歳以上であること。
・自転車の組立、検査及び整備に関して2年以上の実務経験を有する。 
自転車安全整備士(公財)日本交通管理技術協会自転車の点検整備を行い、普通自転車には点検整備済TSマーク(保険付)を貼付して、安全で安心できる自転車を販売(提供)することができます。また、自転車の点検整備と安全利用の指導について専門的な知識と技術で交通安全の推進に寄与できます。・18歳以上
・自転車の点検及び整備並びに自転車の安全利用に関する指導に関し、2年以上の実務経験。
スポーツバイクメカニック養成講座(一財)自転車産業振興協会ユーザーに的確に対応する高度な自転車メカニック技術習得者の養成を目的としています。20才以上で技術習得に意欲のある自転車小売店従事者で、自転車組立整備士・自転車技士・自転車安全整備士等の有資格者及び資格取得予定者
スポーツBAA PLUS認定者(一社)自転車協会スポーツBAAマークは高い技量とプロ意識を持った販売者であることを利用者に示すマークであると同時に、日本のサイクルスポーツ文化を牽引する担い手を目指し、自転車協会主催のスポーツBAA PLUS向け講習会を受講修了後、試験に合格した方をスポーツBAAPLUS認定資格者とします。1.3年以上のスポーツ用自転車の実務経験を有する方
2.自転車技士(自転車組立整備士)、自転車安全整備士または両資格者と同等以上の技術を持ち、スポーツ用自転車を取り扱う上で充分な技量を有する方。(スポーツBAA申請事業者の推薦が必要)。
サイクルマイスター東京都自転車商協同組合自転車販売の専門的知識をもった者が、自転車組立・調整技術の高度な水準の維持と向上を図り、ユーザーの自転車安全乗用に貢献することを目的としています。東京都自転車商協同組合加盟店
 
【自転車の検査について】
自転車に関する検査を行っている団体は、(一財)日本車両検査協会、(一財)自転車産業振興協会の2団体です。それぞれ検査項目などに違いがありますので、詳細については、各団体にお問い合わせ下さい。

団体名検査所名・所在地主な試験内容
(一財)日本車両検査協会東京検査所
大阪検査所
・自転車及びその部品のJIS規格の依頼試験(VIA)
・電動アシスト付き自転車の試験
・自転車用ランプ反射器の光源試験
・ヘルメット
(一財)自転車産業振興協会技術研究所
(大阪市堺区)
・自転車・車いすの試験
・カーボンの非破壊検査